海外組に会いに行こう

海外組へ会いに行った時のことや各チームの練習場の行き方などを中心に書いていきます。甲府サポ。CSKAモスクワ、フィテッセ、フェンロ、バルセロナ、などの練習場へ。

  • 練習場への行き方
  • 遠征の記録
  • その他

  • ワールドカップ初参戦してみてたらこんなんでした!

    ワールドカップと聞いて何を思い浮かべますか?私はまず頭に浮かぶのは試合の映像でした。アンセムをBGMに選手が入場するシーン、両国の国歌斉唱からピッチ上の戦い、そしてスタンドのそれぞれの国だと分かる格好をしたサポーター達の姿, etc。

     

    f:id:matottorix:20180731194949j:image


    今回初めて海外でのワールドカップに参加してみて、自分の想像してたものは間違いでは無かったけど、それでは全然足りてないという事が分かりました。もっともっと大きな大会で、試合以外の時間も合わせてワールドカップなんだなと。


    ざっくり言ってしまうと、サッカーの巨大な大会と言うよりは巨大なフェスティバルの中でサッカーの試合を楽しむというのが私のワールドカップへの感想となりました。


    各国サポーターとの交流


    開幕前に現地在住の日本人の方とご飯に行った後に赤の広場周辺を歩いたのですが「こんなに人がいるの見た事ないです!」という言葉を聞く程に世界各国からのサポーターが早くも集結していました。

     

    f:id:matottorix:20180731192618j:image

     

    そして国旗を持っていない時は彼らにあまり声をかけてもらえなかったのですが、国旗を出した途端に「写真を一緒に撮ろう」と言われる機会が一気に増えて、いろんな国のサポーターと交流する事が出来ました。(自分から声を掛けるのは苦手だけど交流したいと言う人はちょっとした被りものとかをしていくだけで向こうから声をかけてもらいやすくなるかと思います。)

     

    f:id:matottorix:20180731192630j:image


    そして同じアジアの国のサポーターだと「お互い頑張ろう」、同じグループリーグのチームだと「勝つのはうちだけどね!(ニヤリ)」、その他の国は「対戦相手どこなの?」と聞かれて答えると「そりゃ大変だね!」と言ったような会話をする事が多かったでしょうか(笑)

     

    f:id:matottorix:20180731192702j:image


    そして開幕当日は更にその数が増えたのでした。赤の広場周辺はもはやカオスでした!そしてとにかく中南米のサポーターが多かったです。特にペルー、アルゼンチン、メキシコ、コロンビアが多かった気がします。逆に欧州のサポーターは南米に比べると少ない感じだったのでピンポイントで試合の日やその前日に現地入りしてる人が多かったのかもしれません。

     

    f:id:matottorix:20180731192934j:image


    そのままPV会場(Fan Fest)にも行きましたがそこも各国サポーターでごった返して各国サポーターとの交流の場となっていました。

     

    f:id:matottorix:20180731192018j:image


    シャツを交換してくれ、そのハチマキをくれ、日本のコイン持ってたらくれor交換してくれ、君の国の文字で名前を書いてくれ…と色々お願いされる事も。過去のワールドカップに参加されている人はその辺りの対策もバッチリで、交換用のシャツ、日本のコイン、その他日本的なちょっとしたプレゼントを持っていたので自分も次回はその準備をしてより交流を深められればなと思いました。

     

    f:id:matottorix:20180731191914j:image


    そして交流したい時はなるべく日本人だと分かるかつ目立つ格好(特に被り物)をしとくと声をかけるのが苦手だけど交流はしたい人でも向こうから勝手に声を掛けてもらえると思うのでこちらも次回に活かしたい課題となりました。

     

    ※以下開幕戦での各国サポーターとの交流の記事です

    ロシアワールドカップ開幕をモスクワで迎えてみて - 海外組に会いに行こう


    こうした交流がワールドカップ中には街中、駅、列車の中、空港、スタジアムと至る所でありました。もう数え切れないほどに。試合以外のワールドカップの大きな魅力の一つはこの各国サポーターとの交流なのではないかと。

     

    f:id:matottorix:20180731192030j:image

     

    ただ決勝トーナメントが進むにつれ敗退する国のサポーターが帰るに連れ街中に見かけるサポーターがどんどん減って行ったので交流を楽しむならグループリーグの試合を観に行くと良いかもしれません。(ただ南米のサポーターは敗退しててもちょくちょく見かけましたが笑)

     

    カタール大会では各国サポーターと交流しやすいグループリーグの試合を観に行くか、日本が勝ち上がるかは分からないけどベスト8を掛けた決勝トーナメントの試合を観に行くかを早くも悩んでいます(笑)


    話が脱線しますがグループリーグ終わってサポーターが減ると同時に高騰していた宿の価格も下がっていったので、宿を抑えるタイミングもこの辺り次回に活かせたらなと。


    自国サポーターとの交流


    今回元々の知り合いだったサポーター仲間を介して他のサポーター仲間を紹介してもらったりもしましたが、スタジアムで共に喜んだり悲しんだり、試合後にみんなでレストランに行ってあーだーこーだと語り合ったりとその時間もとても楽しかったです。ちょっとした観光にみんなで行ったりしてそれも良い思い出になりました。

     

    f:id:matottorix:20180731193833j:image


    といってもみんな一緒にいすぎる事もなく、試合のない日は各々行きたい所にそれぞれ行って試合の日はまた集まって一緒に応援するという感じで良い距離感で過ごせたんじゃないかと!


    仲間や知り合いがいた方が圧倒的に楽しいので交流会の類がある時は参加して事前に知り合いを作っておくと楽しい事間違いなしだと思います!

     

    ボランティア&現地の人との交流


    間違いなくロシア大会を盛り上げてくれたなと思うのがボランティアの学生達でした!開催地のあらゆる所にいて、あらゆるサポートをしてくれると同時にスタジアムでは明るくサポーターを迎えてくれて楽しい空間を作るのに1役買ってくれていました。

     

    f:id:matottorix:20180731193820j:image


    そして現地の人も道に迷っていると声をかけて教えくれる人が多かったです。夜行列車で同部屋になった時は食べ物やお茶をくれたり列車の施設の使い方を教えてくれたりとポジティブな思い出ばかりでした。

     

    f:id:matottorix:20180731194208j:image

     

    ボランティアの人達に関してはロシア大会以外ではどうなるかは分かりませんがとてもホッとするような交流ばかりでした。


    終わりに


    各国サポーター、自国サポーター、開催地の人々との交流について書いて見ましたが、それぞれの開催地の観光、食事も魅力的でしたし、人によっては開催地の間の移動の列車や飛行機もまた楽しみになるのではないでしょうか。

     

    f:id:matottorix:20180731200657j:image


    こんな風に試合以外の時間も魅力たっぷりなのがワールドカップでした。冒頭でも述べましたが単なるサッカーの大会に試合を観に行ったつもりが巨大なフェスを楽しみつつ試合も観に行くといった感じでした。

     

    f:id:matottorix:20180731201047j:image

     

    今回一生に一回はと思ってロシアに行きましたが、また行きたいという気持ちが早くも芽生えてしまいました。それぐらいに楽しかったので、いつかワールドカップに行ってみたいという方は是非次回は行ってみてください!