海外組に会いに行こう

海外組へ会いに行った時のことや各チームの練習場の行き方などを中心に書いていきます。甲府サポ。CSKAモスクワ、フィテッセ、フェンロ、バルセロナ、などの練習場へ。

  • 練習場への行き方
  • 遠征の記録
  • その他

  • 【続】ファン・ウェルメスケルケン・際選手の応援にFCドルトレヒトのアウェーバスツアーに参加 part2

    part1の続きです。皆でお酒を飲んだりウトウトしつづ2時間程でVVVフェンロのデ・クールに到着。バスはホームのサポーターと接触しない(出来ない)ようにホーム側の入り口とは別の場所に停車しました。

     

    f:id:matottorix:20170110233432j:plain

     

    バスを降りるとアウェー側用の入り口の回転扉式のゲートがありました。チケットを確認してもらい中に入ると黄色の上着を着たセキュリティのスタッフの方たちによるボディチェックと手荷物チェックがありました。一眼のカメラも特に問題なく持ち込みOKでした。

     

    f:id:matottorix:20170110233442j:plain

     

    ボディチェックを終えるとしばらくこんな風に柵に囲まれた道を歩きます。

     

    f:id:matottorix:20170110233450j:plain

     

    ちょっと薄暗くなってきた。

     

    f:id:matottorix:20170110233459j:plain

     

     結構長い(笑)

     

    f:id:matottorix:20170110233506j:plain

     

    遠くにうっすら灯りが。

     

    f:id:matottorix:20170110233514j:plain

     

    やっとゴール裏の入り口に到着しました!

     

    f:id:matottorix:20170110233520j:plain

     

    中に入るとこんな風にぐるっと柵で囲まれて隔離されていました。

     

    f:id:matottorix:20170110235341j:plain

     

    まずは際選手の応援のために国旗を柵に掲げました。 丁度選手たちもウォーミングアップを始めた直後だったようでした。

     

    f:id:matottorix:20170110235347j:plain

     

    で、この後は折角きたのでちょっと探検に。入り口の向かいに小屋があったので何かな~と観に行ってみると飲み物や食べ物を売っていました。柵越しですが窓の所だけ隙間があってそこでお金を渡したて商品を受け取れました。寒かったのでとりあえずホットコーヒーを注文。そして通路の奥の方に行くとトイレもありました。 

     

    f:id:matottorix:20170110235354j:plain

     

    コーヒーを飲みつつFCドルトレヒトの選手のウォーミングアップを見学。前回タオマフを交換したドルトレヒトサポーターのオジサンと「Sai ! Sai ! Sai !」としばらく連呼。でも多分ピッチまで届いてなさそうでした(笑)

     

    f:id:matottorix:20170110235402j:plain

     

     ウォーミングアップが終ったところで国旗に気づいてくれた際選手がこちらに手を振ってくれました。で、その後は控室に向かってドルトレヒトの選手たちはみんなで戻っていたのですがフェンロ側にいる人の所へ際選手が。元日本代表で現在はVVVフェンロの藤田俊哉さんの所でした。

     

    f:id:matottorix:20170110235408j:plain

     

    藤田さんの所に試合前に挨拶に行っていたようでした。 

     

    f:id:matottorix:20170110235414j:plain

     

    そしていよいよ試合です。フェンロ側にはマスコットのKoelioくんもいました。両チームお互い挨拶を交わしチームメートと握手やハグをしてポジションに着きます。

     

    f:id:matottorix:20170110235420j:plain

     

    この日の際選手は右サイドバックでの先発出場でした。

     

    f:id:matottorix:20170111001339j:plain

     

    首位争い中のVVVフェンロに対してドルトレヒトが一方的に責められる展開もあるかもと思っていましたがそんな事もなくドルトレヒトも負けじとカウンターを返していました。ただ前半22分に相手のクロスをクリアした所をペナルティエリア外からダイレクトに蹴り込んでフェンロが先制。しかし前半終了間際の45分にドルトレヒトがゴール前のパス回しからPKをゲットしてこれをしっかり決めた所で前半が終了しました。

     

    f:id:matottorix:20170111001345j:plain

     

    ハーフタイムはキックターゲットのイベントが行われていました。

     

    f:id:matottorix:20170111001351j:plain

     

    そして後半ですが、立ち上がってすぐの53分に今度はVVVフェンロがPKから追加点を決めて2-1に。前半は際選手は守備のバランスを取るのを優先していたようで、なかなか攻撃に上がるシーンが無かったのですがここから積極的に上がってクロスやロングスローのシーンが増え始めます。

     

    リスクを増やした分、ドルトレヒトもコーナーキックからあわやゴールのシーンや流れの中からキーパーと1vs1のチャンスを作ったりするもこれを決めきれず、反対に81分にまたもクロスから押し込まれて3-1に。

     

    f:id:matottorix:20170111001401j:plain

     

    そして試合終了間際にVVVの選手にレッドカードが出たものの主審が選手をピッチの外に出すのを忘れて試合を進めてしまうアクシデントがあったりしたものの、 VVVフェンロ 3-1 FCドルトレヒト で試合終了となりました。ドルトレヒトも順位の差を感じさせない程に反撃していたのですがペナルティエリアの最後の所でVVVは首位争いしてるだけあって流石に見逃さなかった感じでした。

     

    f:id:matottorix:20170111001409j:plain

     

    そのまま控室に戻ってしまった選手もいましたが際選手含め何人かはゴール裏のサポーターに挨拶に来てくれました。

     

    f:id:matottorix:20170111001416j:plain

     

    そして試合が終わった後はすぐにみんなでバスで帰ります。ということで選手の出待ちなども出来ませんでした(汗)。

     

    f:id:matottorix:20170111001422j:plain

     

    さよならデ・クール。ここに来たのはこれで3回目で、今回初めてアウェー側に座りましたが今のところ、自分が観戦した時VVVフェンロは3戦3勝。(そのうち1回は七連敗を止める勝利だったり)またドルトレヒトがフェンロにアウェーに乗りこむときは自分は来ない方がいいのだろうか・・・等と考えつつスタジアムをあとにしました。

     

    f:id:matottorix:20170111001429j:plain

     

    で、うとうとしていたらおもむろに酒瓶を渡されて飲むように促されました。聞いてみると負けた試合ではみんなでラム酒を空になるまで周り飲みするのがドルトレヒトサポーター達の伝統だそうで自分もそれに参加させてもらいました。結局3,4回くらい周ってきたような気がします。 

     

    f:id:matottorix:20170111001436j:plain

     

    ラム酒のアルコール度数が結構高めだった事もあってすぐに酔っぱらってしまいました。調子に乗ってドルトレヒトの広報の人やサポの人に「際のオールドクラブのグッズだ!」と団扇を見せてヴァンフォーレについて説明したりしていました(汗)ちゃんと説明できたのかは定かではありません・・・というか多分出来てない(笑)

     

    f:id:matottorix:20170114220044j:plain

     

    22時に出たので多分ドルトレヒトのスタジアムに戻ったのが24:00くらいだったでしょうか。寒空のなか宿に向かって帰ります。11月の前半でしたがそれでも結構寒かったです。

     

    f:id:matottorix:20170111001442j:plain

     

    宿に着いたところでお腹ペコペコ、体も冷えていたこともあってお湯を沸かして日本から持ってきていたカップを面を胃袋に流し、この日はベッドにダイブして眠りに落ちました。

     

    f:id:matottorix:20170111001446j:plain

     

     これにてこの項おしまいです。次回は翌日ハーフナー・マイクの応援へデンハーグへ行った時の事を書きたいと思います!

     

    (※ドルトレヒトのアウェーバスツアーに参加してみたい方がいらっしゃればいつでもご相談ください!)