海外組に会いに行こう

海外組へ会いに行った時のことや各チームの練習場の行き方などを中心に書いていきます。甲府サポ。CSKAモスクワ、フィテッセ、フェンロ、バルセロナ、などの練習場へ。

  • 練習場への行き方
  • 遠征の記録
  • その他

  • ロシアW杯観戦録10 ニジニ・ノブゴロドで準々決勝フランスvsウルグアイを観戦

    ロシアの財布へ

     

    ベルギーに敗れ、サポーター仲間達と別れた後はラウンド16のフランスvsウルグアイを観戦に、ロシアの財布と呼ばれるニジニ・ノヴゴロドへ向かいました。

     

    この街ですが、ロシアを代表するらしい大河であるヴォルガ川とオカ川が合流する地点で、各種工業が発達するロシア第4の都市との事。

     

    f:id:matottorix:20181217221431j:image

     

    早めに空港へ行ってプライオリティパスでラウンジに突入し、朝食を食べます。種類は少ないものの、飲み物も食べ物も無料なので助かります。


    f:id:matottorix:20181217221408j:image

     

    そして飛行機ですがこの度最小の飛行機でした。自分でタラップまで移動して乗り込みます。しかしちっちゃい…行く人少ないのか…?


    f:id:matottorix:20181217221756j:image

     

    そして90分程で到着します。6000円と安かったですがこの距離なら鉄道もありだったかもしれません。


    f:id:matottorix:20181217221553j:image

     

    空港を出たところにはにニジニ・ノブゴロドの名前が入った謎のモチーフが。


    f:id:matottorix:20181217221612j:image

     

    空港からスタジアムのある街中はおよそ14kmです。


    f:id:matottorix:20181217221427j:image

     

    試合前日だったので無料バスが無く、ボランティアの人に教えてもらった46番の路線バスに乗り込みました。


    f:id:matottorix:20181217221520j:image

     

    バスに乗ってると車内にいた係のおばちゃんがバス代を回収に来たので値段を聞くと28ロシアルーブル(50円弱)との事。支払うと紙切れの切符がもらえます。

     

    f:id:matottorix:20181217221919j:image

     

    繁華街には空港から1時間ほどで着きました。ロシア第4の都市と聞いていたのでもっと都会をイメージしてましたが、割と田舎な雰囲気です。道も所々舗装されてなくて、ロシアに来る前に訪れたブルガリア等の東欧の街に似た感じ。


    f:id:matottorix:20181217221726j:image

     

    美しいヴォルガ川を眺めながら

     

    まずは観光という事でクレムリンへ。既にウルグアイやフランスのサポーターの姿が見えます。

    f:id:matottorix:20181217221527j:image

     

    赤レンガの建物の横には戦車などの兵器がズラリと並んでいました。


    f:id:matottorix:20181217221533j:image

     

    クレムリンの中を移動してヴォルガ川の見える方へ。


    f:id:matottorix:20181217221438j:image

     

    高台にたどり着来ましたが太陽が低くて眩しい。ここでフランスサポーター4人組からカワシマ!サカイ!と声を掛けらて少しお喋り。

     

    それぞれマルセイユ、メス、PSG、ランスのサポーターとの事(どうしてこんなバラバラなのに仲良く行動してるのかと思ったけど、自分も代表ゴール裏では他のチームのサポーターとそういえば一緒でした笑)。


    f:id:matottorix:20181217221347j:image

     

    ロシアに来る前にマルセイユとメスの試合を現地で観てたのでその事を話したら喜んでました。

     

    フランスサポーターと別れた後は高台から街中へ。川沿いはちょっと古いですが美しい街並みが広がっていました。


    f:id:matottorix:20181217221330j:image

    f:id:matottorix:20181217221321j:image

     

    近くのスーパーで水とお菓子を買ってしばらく川沿いで頭を空っぽにしてました。1人は気楽なのでしたが急に1人になってちょっと寂しくなりました(汗)


    f:id:matottorix:20181217221339j:image

     

    ジュール・ベルヌの記念碑へ

     

    川沿いの安宿で1泊しいよいよ試合当日です。

    とはいえ試合があるまでは時間があったのでこの日も観光へ。


    f:id:matottorix:20181217221734j:image

     

    えっちらおっちら階段を登ってたどり着いたのはジュール・ベルヌの記念碑でした。(「海底2万マイル」等を書いた小説家)


    f:id:matottorix:20181217221543j:image

     

    観光客は記念碑である気球で写真を撮って、望遠鏡で、ヴォルガ川の反対にあるニジニ・ノヴゴロド・アレーナを観ている人が多かったです。


    f:id:matottorix:20181217221747j:image

     

    スタジアムのある場所に行くにはヴォルガ川を渡る必要があったので橋へ向かってみました。


    f:id:matottorix:20181217221454j:image

     

    橋の全長は約1キロですが所々で下が見える箇所があって高所恐怖症の自分にはなかなかヘビーな移動となりました。歩道はありますが狭いしかなり高いので大人しくバスかタクシーに乗る事をお勧めします…。本当怖かった…。


    f:id:matottorix:20181217221729j:image

     

    そしてスタジアムに向かう前にモスコフスキー・ヴァグザール駅へ。試合後に乗る予定の予約していた列車がこの駅からの出発だったのでその場所を確認するためでした。


    f:id:matottorix:20181217221351j:image

     

    駅前のマクドナルドに昼飯を食べにいったのですが世界各国のサポーターでカウンター前はごった返し。

     

    だいぶ時間が掛かって注文したものを1人で食べていたら近くの席に日本人がいるなと思って見てみたらサッカー協会の技術委員長の関塚さん達でした。


    f:id:matottorix:20181217221503j:image

     

    そしてお腹も満たされたのでスタジアムへ。ここでもボランティアの人達がノリノリでハイタッチしつつ道を進みます。


    f:id:matottorix:20181217221742j:image

    f:id:matottorix:20181217221442j:image

     

    ウルグアイサポーターの集団に遭遇。ヨーロッパの試合ですが明らかにフランスサポーターより多い。他の会場でもそうでしたが南米の人達本当凄い。彼らにいつか数で上回ってみたいですねえ。


    f:id:matottorix:20181217221752j:image

     

    フランスサポーターとウルグアイサポーターが試合前にハグと握手をする場面も。


    f:id:matottorix:20181217221334j:image

     

    ノリノリで行進、カメラを向けたらポーズ撮ってくれました。


    f:id:matottorix:20181217221516j:image

     

    こちらはパフォーマーのロシア美女との記念撮影にご満悦なウルグアイサポーター。


    f:id:matottorix:20181217221458j:image

     

    サポーターだらけの行進が30分ほど続いた所でスタジアムが見えてきました。


    f:id:matottorix:20181217221412j:image

     

    柱がぐるっと取り囲んでいて神殿のようなデザインのニジニ・ノヴゴロド・スタジアム(45,000人収容)。

     

    f:id:matottorix:20181222171401j:image

     

    コンコースから見える景色もユニークでした。サマラのスタジアムもユニークなデザインで良かったですがここも印象深いです。


    f:id:matottorix:20181217221448j:image

     

    ヴォルガ川も見えて、スタジアムから見える周囲の景色はロシアワールドカップのスタジアムでは随一だったと思います。


    f:id:matottorix:20181217221417j:image

     

    スタジアムの中は青と水色のベースの屋根なのと、圧倒的に多いウルグアイサポーターでまるでウルグアイホームのような雰囲気。


    f:id:matottorix:20181217221422j:image

     

    試合はというとフランスが万全のメンバーに対し、ウルグアイは前の試合で怪我したカバーニが欠場という苦しいメンバー構成。

     


    Uruguay v France - 2018 FIFA World Cup Russia™ - Match 57

     

    アルゼンチンに三失点したのもあってかこの日は固いフランスにウルグアイもカウンター仕掛けるも精度を欠いて、0-0で進んだ前半40分にフランスが右サイドでFKを獲得。

     

    直接狙うには遠い距離だったのでグリーズマンファーサイドのゴールに直接入りそうな絶妙なクロスを供給。これをナイスタイミングで入ってきたヴァランが頭でワンタッチしてフランス先制。

     

    お手本のようなセットプレーが決まり人数が少なかったフランスサポーターも狂喜乱舞!


    f:id:matottorix:20181217221738j:image

     

    先制して手堅く進めるフランスに、後半も攻めあぐねウルグアイ。そして後半16分にグリーズマンの無回転ミドルをGKムスレラがまさかの後逸でスコアは2-0に。この後ウルグアイはセットプレーから惜しいシーンもあったもののGKのロリスに止められ万事休す。

     

    フランスはジルーが相変わらずシュート入らなかったものの、交代で守備固めで入ってきたエンゾンジも良い選手でこれは強いなと。

     

    ウルグアイカバーニの欠場が痛かったですね…試合後はピッチで動けなくなっていたスアレスカバーニが迎えに行く涙のシーンも。


    f:id:matottorix:20181217221358j:image

     

    ウルグアイサポーターはピッチを去る選手達を拍手で讃えていましたが、その後は流石にへたり込んだり頭を抱える人多数。数日前にロストフで同じ状態だったので痛いほど彼らの気持ちが分かります。

     

    残りの準々決勝はブラジルvsベルギー、クロアチアvsロシア、スウェーデンvsイングランドと南米勢はブラジルのみで後は全てヨーロッパに。南米のサポーターが大会の盛り上がりにも一役買っていると個人的には思ったのでブラジルには踏ん張って欲しいところ。


    f:id:matottorix:20181217221558j:image

     

    試合後は見慣れた各国のサポーターでの記念撮影が至る所で行われていました。敗退した国、出場してない国のサポーターも沢山見かけました。


    f:id:matottorix:20181217221538j:image

     

    再び駅に向かってサポーターで大移動を開始します。


    f:id:matottorix:20181217221434j:image

     

    かわいいロシア人の男の子から写真を一緒に写真を撮って欲しいと言われ一緒に撮った1枚。

     

    f:id:matottorix:20181222230435j:image

     

    試合終了から1時間後の電車だったので時間にそれほど余裕は有りませんでしたが、無事に モスコフスキー・ヴァグザール駅へ。セキュリティの手荷物検査もスムースに通過し20分前には到着。


    f:id:matottorix:20181217221608j:image


    f:id:matottorix:20181217221549j:image

     

    3時間半(片道2500円)でモスクワに到着。24時近かったですが、この日も特に危ないこともなく宿に戻り翌日にソチで行われるロシアvsイングランドに備えるために早々と眠りに着きました。しかし今回の旅で初めて試合に間に合わないかもしれないトラブルに遭遇する事になるとはこの時はまだ気づいていなかったのでした。。。

     

     

    宣伝:サポーター23人がそれぞれ書いたコラムを掲載した電子書籍を村上アシシさんが出ました。以下のリンクで私の書いた記事を公開しているので良かったら読んでください。

    無料公開「会社員が休暇制度を利用して行った23,000kmのW杯旅」 - 海外組に会いに行こう