読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外組に会いに行こう

海外組へ会いに行った時のことや各チームの練習場の行き方などを中心に書いていきます。甲府サポ。CSKAモスクワ、フィテッセ、フェンロ、バルセロナ、などの練習場へ。

  • 練習場への行き方
  • 遠征の記録
  • その他

  • 【読書】ACミランのトレーナーをされていた遠藤友則さんの「ミランの手」を読んでみました

    f:id:matottorix:20150623213330j:plain
    ACミランの練習場であるミラネッロ

     

     14-15シーズンを持って16年間務めたACミランから離れ、清水エスパルスのトレーナー4となった遠藤友則さんを取り上げた「ミランの手」を読んでみました。

     

    遠藤さんが文化的な違いを乗り越え、そこでどう自分を認めてもらうか、どうやって受けて入れてもらうかについての数々の出来事。そして様々な国籍のトップレベルの選手たちにどうやってトレーナーとしてのアドバイスを受け入れてもらうかに苦心した様などが垣間見えてきます。

     

    ミランの手 ACミランメディカルトレーナー遠藤友則
    小松孝
    カンゼン (2015-03-14)
    売り上げランキング: 26,247

     本田選手の事はほとんど出てきませんが、シェフチェンコやインザーギといった選手とのエピソードなどはとても興味深かったです。

     

     また合わせて遠藤さんのブログについて読んでみるとより一層面白いのではないかと思います。

     

    tomendo0001: 繁栄から衰退

     

    遠藤さん自身はブログで「超一流とそうでない選手の違いを自分の目ではっきりと観察できたことは、ミランの全盛期を経験すること以上に勉強になったように思う。」と述べられているのですが、その全盛期の選手たちがどのようにプロフェッショナルであったかのエピソードもこの本では沢山扱われているので気になった方は是非に手にとってみて下さい。