読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外組に会いに行こう

海外組へ会いに行った時のことや各チームの練習場の行き方などを中心に書いていきます。甲府サポ。CSKAモスクワ、フィテッセ、フェンロ、バルセロナ、などの練習場へ。

  • 練習場への行き方
  • 遠征の記録
  • その他

  • サッカーのついでにロンドンのロックの聖地巡りをしてみる

    数年前にロンドンにサッカーを観に行った際にいくつか音楽の名所をついでに回ってきたのでその行き方について紹介したいと思います。

    Oasisの「Morning Glory」のジャケットの撮影場所

    Oasisのアルバム「Morning Glory」 のジャケットで有名なロンドンのSOHO地区にある通りです。近くにはレコードショップもちらほらとあって、たまにレアなアイテムも売っていました。

     

    f:id:matottorix:20100910220541j:plain

     

    Tottenham Court Rd 駅から Oxford St を西に真っ直ぐ進んで左手に現れるBerwick St に入って真っ直ぐ進むと写真の場所に辿り着きます。徒歩で10分もかからない距離だったので立ち寄りやすいのではないかと思います。ちなみにすぐ脇にNoel Stという通りがありましたがノエル・ギャラガーと関係があるのかは?です。多分ないのかな。。。

     

     

    The BeatlesのAbby Load 

    St.John's wood 駅から南西にまっすぐ4~5分ゆるい坂を下るとビートルズのジェットで有名なAbby Loadが見えてきます。ただ車が結構な量で走っているので中々シャッターチャンスがありませんでした。

     

    f:id:matottorix:20100911004028j:plain

     

    坂を下った突き当りの右手に見えるのがAbby Roadになります。

     

     

    またそのすぐそばにビートルズが録音をしていたアビーロード・スタジオ(EMIスタジオ)があります。壁はファンの落書きでいっぱいでした。

     

    f:id:matottorix:20100911004812j:plain

     

    数年前に行った際のことを過去記事に書いてあるので良かったら参考にしてみて下さい。

    聖地に行きたくて!ウェンブリーへ!ついでにアビーロードとマット・ベラミー - 海外組に会いに行こう

     

    フレディ・マーキュリーの家

    クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーが無くなるまでに住んでいた自宅です。今は誰か住んでいるのか分かりませんが Earl's Court駅から徒歩で8分程の所にあります。特に中に入ったりは出来ないので外から眺めるだけになってしまいますが。

     

    f:id:matottorix:20100911172852j:plain

     

    Earl's Court駅を出てEarl's Court通りに沿って真っすぐ北西に進み、Logan Pl 通りに入ってしばらく真っ直ぐ進むと左手に見えてきます。 

     

     

    ジミー・ペイジの家

     レッドツェッペリンのギタリストであったジミー・ペイジが昔住んでいた家です。ゴシック調でちょっとお城っぽい造りでした。

     

    f:id:matottorix:20100911181200j:plain

     

    High St. Kensington駅からHi Kensington 通りをまっすぐ西側に進み、右手に見えるMelbury通りに入って少し下るとすぐにジミー・ペイジの家が見えてきます。また先ほどのフレディ・マーキュリーの自宅からだと北に徒歩10分くらいで行く事も出来ます。

     

     

    Oasisのリアム・ギャラガーの「Pretty Green」

    Oasisのリアム・ギャラガーがプロデュースするブランド「Pretty Green」のロンドン店です。 先程のMoning Gloryのジャケットの撮影場所からだと徒歩でも5~10分くらい行ける距離なのでついでに行くには良い場所だと思います。また私が行った時は隣にサッカーグッズを売っているショップがあったのでサッカーグッズのお土産を買うついでに立ち寄るのも良いかもしれません。

     

    f:id:matottorix:20110829161433j:plain

     

    最寄り駅はPiccadilly Circus駅で、北西に伸びているSharewood Steet を真っ直ぐ進んで突き当りを左に進むとすぐにPretty Greenが見えてきます。

     

     

    上記のうちいくつかは下の「ROCKIN' LONDON」という音楽の名所を紹介してくれている書籍を参考に行ってみたのでUKロックが好きでロンドンに行く方はチェックしてみて損はないかと思います。

     

     

    おしまい。

     

    関連記事

    サッカーのついでにロンドンのロックの聖地巡りをしてみる Part2